毛周期の乱れに注意!

医療脱毛のスパンを決めるにあたって、一般的な毛周期を参考にします。毛周期が乱れた状態だと、思うような効果が出にくくなるため、生活習慣改善が必要です。毛周期の乱れを招く原因の1つとして、ホルモンバランスが関係します。睡眠不足やストレスなどホルモンバランスが不安定になった状態だと、脱毛効果も安定しません。毛を生やす男性ホルモンの優位状態が続けば、ムダ毛が増えるリスクもあります。

数回施術を繰り返しても毛が減っていかないとお悩みなら、クリニックに相談しましょう。ホルモンバランスの乱れがひどい場合、脱毛より優先してケアを検討する必要もあります。医療脱毛のカウンセリングでホルモン関係のお薬の服用有無を聞かれることがありますが、思うような効果が得られないばかりか、身体に負担をかけるリスクがあるからです。既往症がある場合は医療脱毛クリニックとよく相談して、脱毛できる状態か確認しましょう。医師が常駐するクリニックなら専門知識豊富な先生から直接アドバイスを受けられるため、安心してケアできます。カウンセリングシートは正しく記入し、身体の状態を正しく把握してもらったうえで、毛周期に沿った効果的なケアを考えましょう。